闇金融に手を付ける前に、できることがあります。
正規の金融機関から借り入れすることが出来なくなったので、
闇金融から借りるしかないと考えていると思いますが、
それでは絶対に解決しないことを理解しましょう。

闇金融に手を付ける前にできることは、債務整理を検討したり
債務をまとめて一本化したり、正規の金融機関の中でも
借り入れできるところを探すなどがあります。

闇金融に手を出すこと=返済が出来ずに破滅するを意味しますので
絶対に手を出してはいけません。
いくら返済の必要のない契約だといっても、闇金融の取立から
逃れられるなどと安易に考えてはなりません。
どうしてもお金がなくて困っている場合は、公的機関に相談するなど
方法は存在するので「恥ずかしい」「知られたくない」といった
変なプライドは捨ててしまいましょう。
闇金融が成り立つのは取り立てが厳しいからです。
高い金利でも、厳しい取り立てを繰り返し行い
会社や家に昼夜を問わず押しかけてお金を取ります。
だから成り立つのです。

必ずお金を回収できるという自信があるから
高金利で、多重債務者にお金を貸すことができます。
入口は親切そうなお姉さんということもありますが
実際には怖い、暴力もいとわない人たちが隠れているのです。

総量規制によって銀行や消費者金融からお金を借りるのが
難しくなっています。
収入がない人はお金を使わない生活をしなければいけません。
闇金融に手を出すのは最終手段ではありません。
決してしてはいけないことなのです。
どうしてもお金に困ったときには闇金融ではなく
生活保護の相談を行政にしたり、多重債務を弁護士に相談するようにしましょう。

闇金はサングラスをかけた強面の男の人が、
取り立てに家にきたり携帯に電話をかけまくるという
イメージを持っていませんか。
実際にそのような闇金も存在しますが、
現在では驚きの闇金おばさんといわれる人たちがいます。
これは主婦が闇金の貸付を行っているもので、
主体は主婦が行っているわけではなく一般企業を装っていて、
普通に朝から出勤して仕事をする形を取っています。

貸付先は通常、顧客リストから電話勧誘したりしますが
おばさんの場合は自分たちのネットワークを持っているので
パチンコにはまっている主婦などをターゲットに勧誘します。
これの成果がものすごいらしく、売上も相当なものだそうです。
悪気も殆どなく高額バイトみたいな感覚でやっているようです。
恐るべし闇金おばさん、捜査の手が入っても合法だと思ってたで
逃げ切れると思っているようです。
考えてみてください、どうして闇金が成り立っているのか。
それは借りる人がいるからです。
借りる人がいなくなれば、貸す側は成り立たないので
闇金はこの世から無くなります。
でも、そんなことは現実ではありえません。
何故かと言うと、正規の金融機関から借りることが出来ない人は
闇金からしか借りることができないからです。
いくら借りてはいけないと言っても、借りる人は後を絶ちません。
それだけ切羽詰まっているともいえます。
しかし、闇金から借りたところで破たんするのは目に見えてますから、
意味がないよと言うことは出来ます。
それでも借りてしまうのですから、困ったものです。
それでも、仮に借りる人が一人もいなくなったら、闇金はすぐになくなるでしょう。
夢のような話ですが、おそらく夢のままになるでしょうね。
消費者金融からお金を借りて、どうしようもなくなって闇金に手を出す。
ここまできてしまうと自力で立ち直るのは絶対無理です。
交通事故にあって全身打撲の瀕死状態です。
自然治癒力でなんともならないのと一緒で外科手術が必要です。

借金も一緒です。
擦り傷だから、ツバつけておけば治るよ、というのは消費者金融1社からの借金です。
2社、3社となると病院へ行かなければ難しくなります。

そして闇金に手を出したら末期です。
もう助かりません。
ですから闇金に手を出そうかと迷った段階で債務整理が必要なのです。
債務整理はそれほど難しい手続ではありません。
またデメリットも想像以上に少ないです。
闇金を考えるなら、その足で法律事務所へ行きましょう。
あなたも闇金融を運営してみませんか?
と、言っても実際に経営すれば手錠を嵌められ檻の中へGO!です。
だけど、ゲームなら問題ないですね。

ニコニコファイナンスという(iOS / Android)ゲームでは
闇金融を運営することができるゲームです。

実際の闇金融と一緒で、お客にお金を貸して利子を貰う。
取立てしないと返してくれない顧客には取立をし
高すぎる利子をつけると逃げられてしまうなど
微妙にリアリティを追求したゲームとなっています。

主人公は最初に10億円の借金を抱えているところからスタートで
これを返し終わったらクリアです。
ヤクザのフロント企業としてもありがちなおしぼり屋やキャバクラなど
副業を行うことも可能で、意外と置くが深いゲームです。
闇金融からお金を借りると、とんでもない利息がつきます。
すでに消費者金融などからはお金を借りつくしている状態だと思いますから
そんな法外な利息は支払えませんね。

当然返済は遅れます。
返済が遅れればどうなるか?
悪質な取立てが始まります。
会社や家に電話をかけてきたり、脅迫してきたり、暴力をふるってきたり。
家族と一緒に暮らしている場合には、家族にも返済を迫って恫喝したりします。

そして、それでもお金が払えなければどうするか?
お金は作らなくてはいけません。
女性なら風俗嬢をしたり、男性なら犯罪行為がほとんどです。
闇金融から仕事を斡旋されることも多いです。
そして利息だけを延々と払わされ続けるのです。
弁護士に相談して問題を解決しようにも
この頃になるとすでに逃げ出すだけの気力が残っていなかったり
自分も犯罪に手を染めていることから警察にも相談できないということがあります。
闇金には手を出さない。
これが一番安全な道なのです。
ダミー闇金というものが最近はやっているそうです。
多重債務状態で、借金返済に追われ首が回らなくなってしまった人に近づき
お金を貸して、返済の代わりに携帯電話を契約させるのです。

契約させた携帯電話をどう使うのか?
犯罪です。
振り込め詐欺、闇金の取引、ドラック売買、違法な風俗店経営。
さまざまな犯罪で「トバシ携帯」は必要不可欠な存在です。

当然摘発されれば、名義は借金をした人の名義になっていますから
警察に事情聴取を受けるハメになります。
トバシ回線のSIMカードは4万円程度になるそうです。
5万円程度お金を貸して、返せなければ携帯を契約しろと迫ります。
契約は1回線だけではなく、10回線と複数契約させます。

名義を貸してしまうので、当然自分の携帯は使えなくなってしまいますが
お金を返すあてもないので仕方なく追い詰められてしまうのです。

ローン・シャークという言葉がアメリカにはあります。
これはサラ金が取り立てのときに、今まで見せていた穏やかな顔をいっぺんさせて
サメのようにキバを向くことを表現した言葉です。

日本でいう闇金融は世界中にあります。
金貸しという職業は古代に貨幣の通貨が出来たのと同時に始まったかなり古い職業です。
そして古代から金貸しは悪い職業であるとあちこちの聖典にも書かれています。
古代中国では金貸しが禁止されていましたし紀元前の共和政ローマの時代にも
金利を取ることは禁止されていました。

昔から借金をして苦しむ人は後をたちませんでした。
借金を苦に娘が身体を売る。
妻が身体を売る。
犯罪に走る。
自殺してしまう。
そんなことが後を絶ちません。
私たちは先人の失敗に学ばなければいけません。
違法行為は絶対ダメです!
どんなに返済に困ったとしても、犯罪はダメですよ。

時々、闇金にお金を借りてしまって
返済に困ったあげく、そそのかされて犯罪行為に手を染めてしまう人がいます。

名義を売ったり、偽装結婚をしてみたり、売春、運び人などなど
闇金にお金を借りた以上に、大変なことに自ら身を投じてしまう人がいます。
これは本人にとががあると言うよりも、冷静な判断力が失われているから
なんだと思います。

執拗な督促、暴言、脅迫、こうしたもので冷静に物事を考えられなくなっているから
犯罪でも何でもいいから、言うことを聞いて楽になりたいと思ってしまうのでしょう。
しかし闇金への借金は弁護士に依頼をすればチャラになりますが
犯罪に手を染めてしまったら、あなたは犯罪者になるわけです。
その犯罪までは取り消すことができません。

月別アーカイブ